タクシードライバーになりたいならまずは求人情報を要チェック!

街

ドライバーの知識

ジョブ

タクシードライバーとして勤務するためには、第二種自動車運転免許証が必要となります。求人によっては、応募資格に二種免許取得者と限定されている場合もありますが、未経験者も歓迎している会社なら採用後に取得しても大丈夫なところも多いでしょう。採用後に二種免許を取得する場合、会社が試験勉強のサポートをしてくれるところもたくさんあるので安心ですね。まずは第一種自動車運転免許証を持っていればタクシードライバーを目指すことは十分可能と言えます。未経験でも始めやすいのがタクシードライバーの魅力の1つでしょう。第二種免許とはタクシーやハイヤーといった、定員10人以内の営業用普通自動車を運転して収入を得る際に必須とされる資格のことです。第一種免許と同じように、AT車とMT車に分類されます。取得するための条件としては、21歳以上で第一種免許を習得してから3年以上が経過していることが含まれます。試験内容はマークシート95問からなる学科試験及び、技能試験です。技能試験は、一般的に自動教習場で実施される卒業検定と同じような内容となります。また土地によりけりですが、第二種免許の他に地理試験に合格する必要がある場合もあります。とくに東京・大阪・神奈川の一部分では、地理試験合格を必須条件としています。「地理試験なんてはじめて聞いた・・・。」という人でも大丈夫です!会社に採用された後、地理試験に向けて研修をしてくれる会社もありますので、安心して試験に臨みましょう。