タクシードライバーになりたいならまずは求人情報を要チェック!

ビル

年齢制限に関して

ワーカー

東京などでタクシードライバーになるためには、まず求人に応募する必要があります。一般的にタクシー会社が出している求人に応募する人が多いでしょう。個人で活動するドライバーもいますが、会社に所属するスタイルが主流となっています。

Read More...

ドライバーの知識

ジョブ

タクシードライバーの求人に応募した後は、ほとんどの場合で面接が実施されます。面接では通常の企業面接と同様に、タクシードライバーを志望する理由などについて聞かれることでしょう。

Read More...

メリットなどについて

案内

タクシードライバーは体力的にキツイ!などのイメージを持つ人も多いかもしれません。ですがタクシードライバーの仕事には、他では体験できないような魅力がたくさんあるんです!まずタクシードライバーは様々な場所でへ移動し、仕事をすることができます。基本的には乗客を待つ場所を決められていますが、自由に営業方法を工夫することが出来ます。どの場所で待機して、どういったルートを走行すればお客様が見つかるかな・・・ということを考えながらある程度自由に行動する事が可能なのです。所属する会社によってどの程度の自由が効くかは異なるので、注意が必要です。ですが好きな時に昼食や休憩をとることも可能なので、他の業種と比較しても自由度は高いと言えます。またタクシードライバーは1日の勤務時間は長いですが、出勤日数は少ない場合が多いです。1月に11〜12日のみの出勤の会社も多くあるんですよ!出勤・休み・出勤・休み・・・といった働き方が出来るのも、タクシードライバーならではの勤務スタイルではないでしょうか。勤務スタイルは雇用形態や労働条件によって異なるので、求人情報をよく確認してから応募するようにしましょう。
タクシードライバーの求人に応募した後は、面接を行ないます。面接を行った後に選考をするのです。この選考を通過すれば、晴れてタクシードライバーとして勤務することができるのです。ですが採用後すぐにお客様を乗せて走れる訳ではなく、二種免許の取得や勉強、研修といった段階を踏む必要があります。応募資格が二種免許取得者の場合もあるので、応募する前に求人情報をよく確認するようにしましょう。

仕事に関する情報

街

求人に応募した後は、面接などを行なってタクシードライバーとしての適正があるかも見極められていきます。面接の次には、健康診断を行う会社がよく見られます。安全に運転するため、体調面で問題がないか検査を行う必要があるのです。

Read More...